文字の大きさ

【茶道具 菓子器 喰籠(喰篭)】 飴楽焼き 木瓜型 八事窯 堀内付 【smtb-KD】:いまや茶の湯日本茶・今屋静香園 - ef780

2019-10-04

【茶道具 菓子器 喰籠(喰篭)】 飴楽焼き 木瓜型 八事窯 堀内付 【smtb-KD】
サイズ約横24×奥行15.5×高5.3cm
作者八事窯
堀内付
木箱
  (大・286635)
【コンビニ受取対応商品】

菓子器 喰籠 飴楽焼き 木瓜型 八事窯 堀内付

菓子器 喰籠 飴楽焼き 木瓜型 八事窯 堀内付

【初代 一休庵道年(本名 中村新太郎)】(八事窯)
1876年明治09年〜昭和12年(1937)
 京都の南山城富野庄出身
 師事した作家は清水六兵衛(3年)・四代高橋道八(5年)・粟田口帯山(2年)・真清水蔵六(3年)などがいます
 各地を巡った、その後、名古屋に戻り、後に知遇を得た森川如春庵から師定三代高松定一を紹介される。
 3代高松定一氏の全面的な支援を得て八事南山に住居を提供され、登り窯や楽焼窯を築き作陶三昧の日々を送った
【2代 道年(本名 正次)】(新太郎の長男)
1906年明治39年〜1972年昭和47年
 初代の元、作陶を修業、一方茶道を吉田紹清宗匠のもとで修業する。また、バーナード・リーチ、益田鈍翁、森川如春庵とも交遊があります。
1937年昭和12年 先代没後2代目を襲名
1943年昭和18年 戦争のため本窯を廃窯、本格的に楽焼の研究に取組む
 この時期、表千家に入門し、後に表千家即中斎宗匠より「八事窯」の名を受ける
 楽焼を専門とし、光悦の作風に魅せられて、森川如春翁のもとにかよい修業1947年昭和22年 拙巧会に参加
1955年昭和30年 金鱗会を設立
1962年昭和37年 同好会を主催する
1965年昭和40年 東海伝統工芸展に光悦風黒茶碗「雨雲」を出品し受賞、茶道雑誌に光悦風楽茶碗の名手として全国に紹介され、「八事窯」の名を広める
【3代 道年(本名 良太郎)】(正次の長男)
1938年昭和13年〜1988年昭和63年
 愛知県立旭丘高校美術課彫刻科を卒業後、父を師として楽焼に専念修業
1973年昭和48年 3代を継承(先代の志した光悦風茶碗を主体として作陶に精進)
1960年昭和35年 燦々会入会
1968年昭和48年 広島 ギャラリーたけだ・東京 小田急にて個展 以後各地のデパートを個展を開く
1979年昭和54年 日本伝統工芸東海展入選
1983年昭和58年 名古屋 丸栄にて楽の名匠 中村道年三代展・横浜 高島屋・札幌 三越・静岡 松坂屋にて個展
1984年昭和59年 東京 日本橋三越にて個展・今日会入会
【4代 尼道年(本名 恵子)】
1941年昭和16年 名古屋生
 師 2代 中村道年に師事
1988年昭和63年 3代道年死去。八事窯継承
1989年平成元年 表千家而妙斎宗匠より「尼焼中村道年」を拝受
【5代 道年(本名 直之)】
1967年昭和42年 3代 道年の長男として生る
1990年平成02年 名古屋造形芸術短期大学卒業、在学中よリ父について楽焼に従事
1990年平成02年 唐津焼、中里重利先生に師事
1992年平成04年 八事窯にもどる
2001年平成13年1月 5代 道年を襲名
送料無料
表千家 堀内宗匠
木瓜形
価格
264,860円 (税込286,048 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
1〜2日の発送可能
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く