文字の大きさ

CX-5 KE2FW 2012年02月〜2017年02月 フルタップ式 車高調 SUSTEC PRO ZT40 ZT40KF2PK タナベ:カー用品のホットロード長久手店 - 71ac9

2019-04-13
カテゴリトップ > 車用品 > GTパーツ > サスペンション > 車高調 > マツダ/MAZDA
CX-5 KE2FW 2012年02月〜2017年02月 フルタップ式 車高調 SUSTEC PRO ZT40 ZT40KF2PK タナベ●車両メーカー:マツダ
●車両名:CX-5
●車両型式:KE2FW
●年式:2012年02月〜2017年02月

●スプリング仕様
・フロント:6K
・リア:5K

●車高調整幅
・フロント:0〜-117mm
・リア:-35〜-68mm
●推奨車高
・フロント:-55〜-55mm
・リア:-55〜-55mm
●最低地上高(測定部):153mm (フロントメンバー)

●備考:確認グレード:XD/Lパッケージ 2WD データはMC後 MC前装着可

●製品名:SUSTEC PRO ZT40
●メーカー品番:ZT40KF2PK
●メーカー:タナベ

※検索結果の車高データ等は、メーカー測定条件による数値です。
※車両のグレードや重量差、マウント、ブッシュ類のヘタリ、タイヤサイズや空気圧等により数値は異なりますので、あらかじめご了承ください。








超微低速域にまでこわだったシリーズ最高峰モデル


発進や停止時といった極微低速域で見られる、実際のダンパーの動きとドライバーが受ける作動感のズレを同調させる『TVS』を搭載。 レクサスの足を手がけるKYB 社の高度なテクノロジーがフルに活かされた究極のサスペンション性能を手中にしてください。



■超微低速域からリニアに減衰力を発生TVS(TWIN VALVE SYSTEM/ツインバルブシステム)
ダンパーの減衰力(スプリングの動きを抑えようとする抵抗力)は、極低速時においては、ほとんど機能しません。ZT40に内蔵されるTVS(ツインバルブシステムは、極低速の領域においても確実に減衰力を発生させ、全速度域で安定した乗り心地とハイレベルなスタビリティを約束する新機構。アクセルを踏んだその瞬間から、クルマの姿勢を安定させる減衰力がリニアに立ち上がります。


■好みに合わせライド感の微調整が可能40段減衰力調整機能
クルマの用途や走行ステージ、さらに好みのフィーリングに合わせて、ライド感を自由に調整できる40段減衰調整機能を搭載。超ワイドレンジな調整幅と確実な減衰力変化が、あなたにとってのベストセッティングをアシストします。


■ハイレベルな静粛性大容量ベアリング+スラストシート
経年劣化によってガタツキが出るベアリングは耐久性の高い大容量タイプを採用。さらに、ストローク時に発生するスプリングの摩擦音には特殊樹脂のスラストシートを装備することで、それぞれ対応。静粛性も最高レベルです。


■乗り心地を変えることなく 車高をアジャストフルタップ(全長調整)式
ブラケットロックの固定位置を調整し、ダンパーの全長を変えることで、車高をコントロールするフルタップ(全長調整式)。車高を大きく下げてもサスペンションストロークに変化が生じず、乗り心地にも影響を与えません。







価格
134,400円 (税込 145,152 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で 対象エリア外へのご注文は、毎日 15:00までのご注文で翌日の配達となります (あす楽)
取寄せ1週間程度で発送予定 キャンセル不可
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く