文字の大きさ

阿弥陀如来 御守本尊 黒檀厨子入 桃珊瑚 谷脇仁光作 珊瑚御守本尊シリーズ:森徳蔵 - c5663

2019-11-09
カテゴリトップ>珊瑚
阿弥陀如来 御守本尊 黒檀厨子入 桃珊瑚 谷脇仁光作 珊瑚御守本尊シリーズ商品名:珊瑚御守本尊シリーズ「阿弥陀如来」阿弥陀如来を念ずれば、それだけで救われるといわれ、臨終の信者を極楽浄土へ迎えに来てくださいます。
厨子外寸:縦6.5cm×横3.4cm×奥行2.6cm
作家名:谷脇仁光
略歴:
1958年 高知県生まれ
1980年 父、黄綬褒章珊瑚彫刻家谷脇利光に師事。雅号(仁光)を授かる
1988年 珊瑚名作コンテストにおいて、観光連盟会長賞受賞
現在に至るまで数々の賞を受賞
2006年 高知県技能功労章受賞
現在も、利光のもとで伝統工芸を継承し、数々の作品を生み出している。

作家よりのコメント:
海の宝石サンゴは深海に育ち、数千年の命の結晶であり、見つめれば無限の生命をそこに見る芸術家としての魂の燃焼とでも言いましょうか、作品の品々を皆様のお手元にお届けいただけることは、わたくしの最大の喜びでございます。
さて、海の宝石珊瑚は、陸の宝石、ダイヤ、エメラルド、ヒスイなどと同じく、宝石として3月の誕生石に定められ、身辺装飾品として広く愛用されています。
また、珊瑚は独特の色彩を放ち、室町時代より一部武士階級や富裕な商人の間で愛用され、病気や災難除けの護身用として用いられてまいりました。
作品の一つ一つに心を込め、磨きをかけて制作いたしております。
幾久しく、お引き立て賜りますようよろしくお願い申し上げます。

土佐珊瑚 謹白

谷脇仁光作「珊瑚御守本尊シリーズ 」
御守本尊は生まれた月日によって決まっています。御守本尊は八体あります。今まで木とか、石の御守本尊はありましたが、珊瑚のものは極めて珍しい試みです。サンゴは、世界の三大宗教(仏教、キリスト教、イスラム教)で不思議とすべて御守りとされています。古来よりその産卵の神秘性や無数の命の集合体であることを意識下で感じ取り、先達たちが好んで身につけたものと思われます。不安なことの多い時代ですが、その幸運を招くという珊瑚の御守本尊を身の周りに置くことによって、より安心した楽しい日々を送られることを願っております。


「戌・亥年生まれの御守本尊」阿弥陀如来〜西方極楽浄土の教主で、無限の光を十方の国に照らし、無量の寿命を備えた如来。
当店通常価格98,000円 (税込105,840 円)
価格
98,000円 (税込105,840 円)送料別
1週間以内発送
残りあと1個です
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便